スズムシ育成日記

夏の鳴く虫『スズムシ』の飼育&繁殖方法を紹介しています。

トップ > スズムシとは?

スズムシとは?

ここではスズムシとはどんな昆虫なのかを簡単に紹介しています。

和名(分類):

スズムシ(直翅目スズムシ科)

学名:

Homoeogryllus japonicus(de Haan)

体長:

2cm前後

分布:

本州、四国、九州、伊豆三宅島、種子島、台湾、中国

特徴:

スズムシのメス

スズムシ メス(♀)

スズムシのオス

スズムシ オス(♂)

まず、スズムシの外見的な特徴にはメスには産卵管があり、オスには無いと言う事が挙げられます。

その他の特徴は、オスは脱皮を繰り返し最後の脱皮(羽化)の時に初めて翅が現れます。羽化後の約1週間は4枚の翅をちゃんと持っていますが、他の昆虫と違い後翅が退化してしまっているので実際に翅を使って飛ぶ事は出来ません。

その後、鳴きやすいように後翅を自分で落としてしまい、前翅をこすり合わせて鳴き声を響かせ始めます。メスは鳴く事が出来ません。

翅の外見的な特徴は、大きな丸い翅を持っているのがオスで、細長い羽を持っているのがメスです。

昆虫は成長過程によって大まかに完全変態と不完全変態に分けられますが、スズムシの場合、成長過程でサナギになる事は無く、6回の脱皮と最後の脱皮(羽化)が終了した時点で成虫になるので、不完全変態と言う事になります。また、完全変態とは羽化前にサナギになる昆虫で、カブトムシやチョウなどです。



スポンサーリンク




一口メモ:

鳴き声:

YouTubeより

スポンサーリンク

おすすめメニュー

楽天でショッピング


楽天市場内の商品検索が出来ます
楽天で探す
楽天市場

スポンサーリンク


何でもそろうショッピングサイトですね


管理人も年会費無料でかなりお得に使ってます


お得な良い宿いっぱい有ります


家族旅行の予約まだまだ間に合いますよ


大自然の中でキャンプも良いですね

ページのトップへ戻る